中尾先生をお送りするお祈りの会

本日、ここちよく澄んだ青空のもと、ミンガラ日本語教室の前代表である中尾正明先生の法要が行われました。

 

中尾先生は、この4月1日、ご逝去されました。

教室の創立者・西田敦先生の後をうけ世話人代表となり、約10年の間、ミンガラ日本語教室を牽引してこられました。毎週日曜日、雨の日も風の日も、雪の日も、朝の開校から夕方の閉校までいらして、その前後には、教室から徒歩20分の倉庫まで備品を出し入れするなどの作業をお一人で行なっていました。

また、備品類の管理、講師や生徒の取りまとめ、行事の実行に至るまで、ほぼお一人で運営していたのです。

大変な仕事でしたが、そのような様子はおくびにも出さず、教室に行けば講師や生徒に向けるニコニコした温かい笑顔が待っていました。

 

そのような人柄からか、この度も、葬儀が済んだのちにご逝去のお知らせをいただいたのですが、生徒さんたちが、これまでお世話になった感謝の気持ちを表したいと、ミャンマーのお坊さんをお呼びし、法要の会を行なうことになりました。

 

多くの生徒、また講師、関係諸氏が集まりました。

お坊さんがお帰りになった後は茶話会となり、めいめいに中尾先生の思い出などを語り合いました。

きっと中尾先生はその様子をみて、喜ばれていることと思います。

 

 

ところで、中尾先生との思い出の中で、一つ深く印象に残っていることがあります。

毎年恒例のバス旅行の帰り、搭載されていたカラオケで盛り上がっている中、生徒さんたちが中尾先生に一曲歌ってもらえるようせがみました。

そのリクエストに答えて、中尾先生が歌ったのは「贈る言葉」。

その美声と熱唱に、一同大いに沸き立ちました。私もすぐ隣で聞いていて感動した者の一人でしたが、

中でもその「私ほど あなたのことを深く愛した ヤツはいない」の一節にて一層魂のこもった歌を聞き、いかにも、中尾先生は教室のことを、生徒さんたちのことを愛しているんだなと、その時しみじみ思ったものでした。

 

 

中尾先生のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    マウン タン (日曜日, 23 4月 2017 22:26)

    ご冥福をお祈りします.

  • #2

    ST (月曜日, 01 5月 2017 15:05)

    >マウンタンさん
    お言葉ありがとうございました。
    中尾先生にもそのお気持ちは届いていると思います。